サイトマップ
店舗案内・アクセスマップ
お問い合わせ
品質・仕様に関して
特定商取引に関する表記

 ≪先月 今月 来月≫

宅配別荷物追跡     

※データ入稿で「お年玉付年賀」に印刷したい→入稿官製はがき印刷で「お年玉付年賀」を選択

ホーム ≫ ご挨拶状 ≫ 

喪中ハガキの出し方

迷ったら≫[サイトマップ]




喪中はがきの出し方

はがきを出す時期

毎年年賀状のやりとりをしている方に対して、相手が年賀状の準備をする前に、一般的には11月の末ごろから12月の上旬くらいまでに投函するようにします。
※遅くても、郵便局の年賀状受付開始日以前に相手様に着くように出すのが礼儀です。
※遅れてしまった場合は、無理に出さず、年始が過ぎてから、『寒中見舞い』として、欠礼のご挨拶をすれば、問題ありません。 喪中ハガキを出し忘れた方へもこのようにご挨拶することをおすすめいたします。

喪中とする続柄は?

・父
・母
・子供
・兄弟、姉妹
・義父(夫や妻の父)
・義母(夫や妻の母)
・父方の祖父
・父方の祖母
・母方の祖父
・母方の祖母
・義兄弟(夫や妻の兄弟)
・義姉妹(夫や妻の姉妹)
・父方の祖祖父
・父方の祖祖母
・母方の祖祖父
・母方の祖祖母
・伯父(両親の兄・両親の姉の夫)
・叔父(両親の弟・両親の妹の夫)
・伯母(両親の姉・両親の兄の妻)
・叔母(両親の妹・両親の弟の妻)
・従兄弟(父母の兄弟の子供)

分かりにくそうな続柄一覧

・配偶者の祖父、祖母 ⇒ 義祖父、義祖母
・配偶者の祖祖父、祖祖母 ⇒ 義祖祖父、義祖祖母
・両親の兄・両親の姉の夫 ⇒ 伯父
・両親の姉・両親の兄の妻 ⇒ 伯母
・両親の弟・両親尾妹の夫 ⇒ 叔父
・両親の妹・両親の弟の妻 ⇒ 叔母

夫婦連盟でハガキを出す場合の続柄

妻の母、夫の私にとっては義母がなくなりました。夫婦連名で喪中ハガキを出そうと考えていますが、この場合、義母それとも母どちらの続柄で書けばいいのでしょうか?
私と妻それぞれで喪中ハガキを作成した方がいいのでしょうか?

連名で構いません。

基本的に、夫婦連名でハガキを出す場合は、旦那さんの方に続柄を合わせます。 亡くなられた方の名前だけだと、どちらの続柄かわかりにくい場合がありますので、 このような場合は「フルネーム」で書くことをおすすめします。

喪中に年賀状が届いたらどうすればいい?

喪中ハガキを送らなかった人から年賀状が届いたり、 12月に入ってから身内に不幸があって、喪中ハガキを出すのが遅れてしまったり、間に合わなかった場合、松の内(正月の松飾りを立てておく期間。元日から7日、また15日まで。)が明けてから、 『寒中見舞い』として、欠礼のご挨拶をすれば、問題ありません。

喪中の相手に年賀状を出してしまったらどうするの?

相手が喪中であることを知らずに年賀状を出してしまったら、 すぐに詫び状を出さずに、松の内(正月の松飾りを立てておく期間。元日から7日、また15日まで。)が明けてから、「詫び状」「お悔やみ」または「寒中見舞い」を出すのが礼儀です。
詫び状の場合、「拝啓」などの頭語や気候の挨拶文は省略して、 不注意をお詫びする文と、亡くなった人のご冥福をお祈りする文章を直接書きます。 末尾文も不要ですが、お悔やみ状では、「合掌」を使います。


文例として

先日は、ご服喪中とは存じませずに
賀状をお送りいたしまして、誠に失礼いたしました。
ご冥福をお祈り申し上げるとともに
深くお詫び申し上げます。
                            合掌
平成××年××月

喪中に年賀状が届いた場合(寒中見舞い)

→寒中見舞い見本ページはこちら

喪中ハガキを送らなかった人から年賀状が届いたり、12月に入ってから不幸が身内に不幸があって、喪中ハガキをの作成・投函が間に合わなかった場合、松の内松(正月の松飾りを立てておく期間。元日から7日、また15日まで。)が明けてから連絡が遅れた詫び状を出します。
最近では『寒中見舞い』として挨拶状を出すことが一般的なようです。 また、喪中ハガキが届いた場合や 喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合の詫び状も、寒中見舞いとして出します。

文例紹介

  1. 寒中お見舞い申し上げます
    新年早々お年賀有りがたく頂戴いたしました
    当方からご挨拶申し上げるべきところ
    喪中につきご遠慮させていただきました
    なお本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます
     平成×年1月

  2. 寒中お見舞い申し上げます
    このたびは年頭のご挨拶ありがとうございました
    ご挨拶が遅れまして申し訳ございませんが実は昨年●●月に●●(続柄・故人お名前)が他界いたしまして服喪中のため年末年始のご挨拶は差し控えさせていただきました
    あしからずご了承くださいませ
    とりあえずお礼かたがたご挨拶まで
     平成×年1月

  3. 寒中お見舞い申し上げます
    このたびは年始状を頂戴いたしまして有難うございました
    実は昨年●●月に●●(続柄・故人お名前)が他界いたしまして私共服喪中でございますために年賀のご挨拶を失礼いたしました。
    皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
     平成×年1月

  4. 寒中お見舞い申し上げます
    このたびはご丁寧に新年のご挨拶をいただき、誠に有難うございました
    実は昨年●●月に●●(続柄・故人お名前)を亡くし服喪中のため、年賀状を差し控えさせていただきました。ご通知が遅れましたこと、どうぞお許し下さい
    本年もご交誼のほどよろしくお願いいたします
     平成×年1月
もっと文例を見る喪中文例集
  1. 寒中お見舞い申し上げます
    ご家族の皆様には お体を大切にお過ごし下さいますようお祈り申し上げます
     平成×年1月

  2. 寒中お見舞い申し上げます
    このたびは思いもかけずご不幸がございました由、ご挨拶をいただき驚いております
    ご無沙汰いたしておりましたために少しも存じ上げずまことにご無礼仕りました。遅ればせながら謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
    どぞお身体大切によい年をお迎えになりますようにと念じ上げます
     平成×年1月
もっと文例を見る寒中見舞文例集
  1. 寒中お見舞い申し上げます
    このたびは御服喪中とは存じませず賀状を差し上げまして、まことに申し訳ございませんでした。
    知らないでお伺いもしなかったことをお詫びいたします。
    遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
    ご一同様には、さぞかしお淋しくご越年のことと拝察いたしますが、どうぞお身体大切に、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。
     平成×年1月

  2. 寒中お見舞い申し上げます
    ご服喪中とのおはがきをいただき、驚き入りました。少しも存じ上げず、少しも存じませんで失礼いたしておりましたばかりか、年始状まで差し上げました心なしをどうぞお許し下さいませ。
    近くお邪魔してお詫びかたがたお話を聞かせていただきたいと存じております
     平成×年1月

  3. 寒中お見舞い申し上げます
    いただきましたおはがきで、思いがけないご不幸にみまわれたと知り、大変驚きました。
    心よりお悔やみ申し上げます。
    ご一同様におかれましては、さぞかし落としのこととご同情申し上げます。
    皆様にとりましたてよき年でありまうよう、心よりお祈り申し上げます。
     平成×年1月
ご案内状印刷のご注文ご利用に関するご案内
会社概要及び店舗案内

有限会社プリントメイト(プリントメイト)
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-37-1 池袋山口ビル1F

≫店舗案内・アクセスマップ
連絡先
電話 03-5911-4811 FAX 03-5911-4815
メール info@printmate.co.jp
商品の返品
■商品(受注生産)の性格上(受注者以外への転売が事実上不可能な為)返品・交換またはオーダー後のキャンセルはご容赦ください。
■当方の不備による不良品に限り商品お受取後7日以内にご連絡をお願い致します。早急に良品と交換もしくは返金をさせて頂きます。

詳しくは  特定商取引に関する表記 をお読み下さい
お支払い方法とお受取方法
宅配便配送料・その他手数料
地域 北海道 北東北 南東北 関東 信越 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
都道府県名 北海道 青森県
秋田県
岩手県
宮城県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
神奈川県
東京都
山梨県
新潟県
長野県
静岡県
愛知県
三重県
岐阜県
富山県
石川県
福井県
大阪府
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
兵庫県
岡山県
広島県
山口県
鳥取県
島根県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
宅急便コンパクト 767 605* 551 551 551 551 551 605* 659 713 767 875
JP
宅配便(小)ヤ
60サイズ 佐
1018
1123
832
514*
799*
605*
514
691
540
463
691
540
514
691
540
514
691
540*
514*
691
540*
607*
691*
605*
813
907
681
813
907
756
1070
1123
832
1224
1123
---
JP
宅配便(中)ヤ
80サイズ 佐
1018
1339
1026
514*
1015*
799*
514
907
723
463
907
723
514
907
723
514
907
723*
514*
907
723*
607*
907*
799*
813
1123
874
813
1123
950
1070
1229
1026
1224
1663
---
ポスト投函 クロネコDM便・クリックポスト/無料  | ネコポス・ゆうパケット/250円  
代引決済料 324
後払手数料 324


お電話でのお問合せ
FAX : 03-5911-4815
am9:00〜pm20:00
メールでのお問合せ