プリントメイト印刷総合案内

49日・初盆・忌明け法要案内状の書き方 挨拶文を選んで簡単印刷・当日発送可

電話でのお見積り・お問い合わせは03-5911-4811
土曜・祝日営業(日曜定休)朝9時〜夜7時迄、お気軽にどうぞ

四十九日、七七日忌、満中陰、忌明け・納骨・初盆法要の案内状。文例集から簡単に注文、挨拶文の書き替えや添削もお任せ

四十九日法要の案内状 文例集
四十九日・七七日忌など忌明け法要の案内状は徹底サポートで初めての注文でも安心 1枚から必要枚数を注文できるので無駄無し 宛名印刷から投函までまるごとお任せ
挨拶文の添削で文章の不安な部分を解消 電話を繋ぎながら注文のお手伝いができます
データ入稿はコチラから注文開始
ワード・イラレ・PDF各種データ対応
▼文例を選んで注文する場合は各文例の注文ボタンから開始▼

四十九日・七七日忌など忌明け法要の案内状を出すまで

お電話で注文完了までお手伝い。電話を繋ぎながら一緒に画面操作してナビゲート可能。電話:03-5911-4811(9:00〜19:00)

四十九日法要の案内状とは

四十九日法要(49日法要)案内状の往復はがき印刷見本
四十九日・往復はがき(一般的な案内状)
四十九日法要(49日法要)封筒付き挨拶状と返信はがき印刷見本
封筒付きカードと返信はがき(丁寧な案内状)

亡くなった日から7週間(49日)目にあたる日に忌明け(※忌中の終わり)の法要を行いますが、これを四十九日、七七日忌、満中陰の法要と言います。
四十九日法要では読経や焼香、会食が行なわれます。この法要のお知らせ・ご案内をするのが「四十九日法要の案内状」になります。49日法要に合わせた納骨式までのご案内文例もご用意しております。
四十九日法要の案内状は「往復はがき」または「封筒付き挨拶状+返信はがき」で作成・印刷できます。

【文例集】四十九日・七七日忌法要の案内状テンプレート集

四十九日・七七日忌法要の様々な状況に対応した案内状文例テンプレート集、書き換えも自由です。

挨拶状文例集目次 タイプ別の挨拶状印刷
文例ページ選び直し

四十九日・七七日忌・満中陰の案内状例文

忌明け(49日・七七日忌・満中陰)法要や併せて納骨式を営む際の案内状例文です。

目次 次へ

49日法要を営む際のシンプルな案内状例文

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

故人が亡くなった際のお礼と共に49日法要のご案内をする例文

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

故人の葬儀でお世話になったお礼と共に49日法要のご案内をする例文

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

49日法要に併せて、納骨も行う場合のシンプルな例文
「及び納骨式を」と付け加えれば、どの文例でも言い換えられると思います

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

49日の日を伝えるとともに、法要を行う日を伝える例文
他の例文でも「および納骨式」とすれば言い換え可能です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

49日法要を自宅で営む際の案内状例文です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

葬儀の際のお礼とともに49日法要の案内をする例文、戒名入り
会葬いただいた方、弔電、供花などを頂いた方向けです

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

永眠の際のお礼とともに49日法要の案内をする例文、戒名入り
葬儀以外でお香典やお悔やみ、弔問いただいた方へも使えます

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

49日法要を少し硬めの表現で案内する例文、戒名入り

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

49日法要と納骨を行う際の戒名入り案内状例文
他の例文でも「と納骨式」とすれば言い換え可能です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


【文例集】初盆・忌明け関連その他の案内状テンプレート集

49日ではないもののタイミングや趣旨が忌明けに近い法要を行う際の例文です

挨拶状文例集目次 タイプ別の挨拶状印刷
文例ページ選び直し

新盆・納骨・五七日・キリスト・神道の案内状例文

その他の忌明け関連案内状例文です。新盆法要・五七日法要・百か日法要・キリスト教・神道などにも対応しています。

目次 次へ

新盆法要を行う際のシンプルな案内状例文

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

葬儀の際のお礼を伝えて新盆法要の案内をする例文

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

忌日法要のひとつ三十五日忌法要の案内状例文
状況により35日忌を選択された場合にお使いください

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

忌日法要のひとつ百箇日の法要を営む際の案内状例文
納骨とあわせて行うことを想定している内容です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

納骨法要を行う際の案内状例文
納骨式を49日にあわせて行う際は、49日法要の案内状に納骨を一緒に行う際の例文があります

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

キリスト教(カトリック)の追悼ミサを行う際の案内状例文です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ 次へ

キリスト教(プロテスタント)の召天記念日の記念式を行う際の案内状例文です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


目次 前へ

神道の五十日祭を行う際の案内状例文です

挨拶文の編集ができますヒント

この文例をコピー

この例文の仕上がりイメージ(クリックで拡大)


四十九日法要・忌明け法要案内状の印刷注文手順

四十九日法要の案内状印刷は例文を選ぶ、自分で考えた挨拶文、データ入稿にて注文可能

お電話で注文完了までお手伝い。電話を繋ぎながら一緒に画面操作してナビゲート可能。電話:03-5911-4811(9:00〜19:00)

文例を選んで注文する方法

選んだ例文がセットされている状態で注文画面へ移動できます。

文例を選んで注文する方法

各文例に緑色の「注文開始ボタン」

例文がセットされた状態で注文画面へ移動します
注文画面ではがきタイプやレイアウトを選べます

この文例の仕上がりイメージ

この例文を挨拶状にした場合の見本(これ以外も選べます)
この挨拶状タイプを指定して注文を開始することもできます

選べるはがきタイプについて解説

はがきタイプを選ぶ際の基準などを解説しています

注文についての解説ページ 注文手順 納品まで 店頭・FAX注文 文例の編集・添削

自分で考えた挨拶文・データ入稿で注文する方法

注文画面へ直接移動できます。データ入稿時はデータ入稿モードになっています。

データ入稿の解説ページ 注文手順 納品まで データ入稿について

四十九日法要・忌明け法要案内状の印刷はがき種類

四十九日・忌明け法要の案内状は、はがき・挨拶状のタイプも選んで印刷可能。往復はがきもあります。

はがき・往復はがきで印刷

法要では官製はがき(往復はがき・はがき)はごく一般的な案内状のかたちです。封筒付き挨拶状のほうが「丁寧な印象」はありますが、官製はがきが不躾というわけではありませんので、安心してお使いください。

四十九日・忌明け法要案内状往復はがき印刷見本

【往復はがき】

49日法要・忌明け法要ではごく一般的な案内状
のかたちです。通常はこれでよいと思います。
宛名印刷もできます。

四十九日・忌明け法要案内状はがき印刷見本

【はがき】

ごく限られた身内等での法要で出欠確認
が必要無い場合、はがきで日時の連絡だ
けでもよいでしょう。

封筒付き挨拶状セット(返信はがき入り)で印刷

案内状として「丁寧な印象」になります。状況にあわせてお選びください。

四十九日法要・忌明け法要の封筒付きカード案内状印刷見本

【二つ折りカード・返信はがき】

封筒の中に案内状と返信はがきを入れて送ります。
返信はがきに「個人情報保護シール」もご用意。

四十九日法要・忌明け法要案内状の封緘シール見本

【封緘シール】

印象的なグレードが少し
上がります。


A4三つ折り挨拶状タイプで印刷

A4三つ折り挨拶状は各種案内や告知など、ある程度レイアウトが自由に組める便利な挨拶状です。
縦書きにも横書きにも対応しておりますが横書きで使うことが多く、2枚以上の綴りで出すこともできますので文章量が多い挨拶状にも適しています。

A4三つ折り挨拶状見本 A4三つ折り挨拶状用紙種類

四十九日法要・忌明け法要案内状のマナーと書き方のポイント

四十九日・忌明け法要の案内状には、書き方のマナーや注意すべきポイントがあります

四十九日法要・忌明け法要案内状の書き方・基本構成

四十九日法要・忌明け法要案内状の書き方・基本構成

基本的な文章構成

1 頭語・結語、時候の挨拶
2 (会葬や香典、弔電、供花へのお礼)
3 法要の日時、会食の有無、出席のお願い
4 差出月
5 差出人
※ 出欠連絡のお願い(返信はがき)

時候の挨拶に続き

「皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます」
「皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます
「お健やかにお過ごしのことと存じます
等の相手を気遣う一文を続けます。
「〜お喜び申し上げます」としても間違いではありませんが、文例では謹しみを込めて「〜存じます」を主に使っています。

句読点は使わない

句読点は、古くは文章を上手く読めない人に対する補助的な記号として句読点が用いられていたため、相手を子ども扱いし失礼にあたるということで使われていませんでした。
また、物事が終わりまでスムーズに流れるように、途中で途切れないようにという願いを込めて句読点を使わないという風習からそのようになっています。


四十九日法要・忌明け法要案内状のマナーと注意事項

四十九日法要・忌明け法要案内状のマナーと注意事項

忌明け法要の呼び方の違い

四十九日、七七日忌(なななぬか)、満中陰(まんちゅういん)はどれも同じ意味の言葉です。
本来は7日ごとに7回の追善供養の法要があり、7回目の法要を「四十九日・七七日忌」の法要といいます。
また、49日目までの期間を中陰と呼び、それが満ちて満中陰となります。これらをもって忌明けとなります。

どこまでが戒名?

戒名の下にある「霊位」「位」などは置字といい「〜様」のような部分で、戒名には含みません
挨拶状への記載は「位」の前までを戒名として記載します。

「粗餐」「お斎」って何?

粗餐(そさん)、お斎(おとき)は法要後の食事の席を差します。
そのまま「粗餐をご用意いたしております」「お斎を差し上げたく存じます」のように使っても、まったく不自然ではありませんが、使い慣れた言葉で書きたいという場合には「粗宴をご用意いたしております」「会食の席を設けております」としても問題ありません。

●●儀(こと)の使い方

自分や身内に対する丁寧語として用いられます。
「故 ○○○○ 儀 葬儀に際し」とある場合、「故 ○○○○に関しての葬儀の際には」ということです。
一般挨拶状では自分に対して「儀」を使いますが、仏事挨拶状では身内の故人に対しても使われます。

「故」「亡」の使い分け

故人は「亡父 ○○○○儀」か「故 ○○○○儀」という表記があります
故人との血縁関係を入れたい場合は「亡」がよいでしょう。
なお、施主と故人の姓が異なる場合には、氏名で表記します
社葬の場合「弊社社長 故○○○○儀」と書きます

二重封筒はダメ

法事・法要の案内状は、原則的には封筒に入れて送付するのが礼儀となっています。
不幸が重なるという意味合いのある二重封筒(便箋用の封筒のようなもの)は用いず、白い無地の封筒を使用します。
案内状に加え、出欠をたずねる返信用ハガキを同封しますが、 遺族が会場の手配及び返礼品や会食(お斎)の準備をするのに必要なためです。
ただ最近では、封筒を使わず往復ハガキを送付する略式も増えてきていますので、「封筒付き挨拶状」+「返信用はがき」または「往復はがき」での案内状をお勧めいたします


四十九日法要・忌明け法要案内状を送るタイミングはいつ?

四十九日法要・忌明け法要案内状を送るタイミングはいつ?

案内状は法事・法要を行う日の1ヶ月前くらいにお招きする方々へ届くようにします。
出欠確認の返信はがきが法要の2週間前くらいに届いていれば、会食のお斎(おとき)や、引き出物の準備を行いやすくなります。

連絡は別でとっており、身内だけだからということで、形式的に案内状を使う方も多いので目安ということになります。


四十九日法要・忌明け法要案内状のワンポイント

四十九日法要・忌明け法要案内状のワンポイント

直前の出欠変更等の連絡用に施主の電話番号を入れると便利かもしれません

49日と同時に「納骨式」を行うことも多いようです。その場合は案内状に記すとよいでしょう

49日と新盆法要を同時に行う場合は「49日法要および新盆法要」と併記します

卒塔婆(御塔婆)”墓地に立てる細長い木の板”は、浄土真宗では用いられていません。
また、墓地・墓石の面積によっては、卒塔婆を立てることが難しい場合もありますので、案内状または返信ハガキ等に卒塔婆は立てない旨を明記しておくのも一つの方法です
また卒塔婆の案内は、本文に入れるよりも返信用はがきに入れたほうがスマートに思えます。
※卒塔婆(御塔婆)ついて返信用はがきに入れる場合の例
 「御塔婆をお申込み頂ける方はご芳名をお願いいたします」 として隣に
 「御塔婆御芳名」  (記名用の空白)  とするとよいでしょう

四十九日法要の類似文例・参考文例

このページの例文が目的と違っている、お探しの例文が見つからない場合は以下のページも参照してみて下さい。
類似する文例ページを挙げておきます。

「香典返し・忌明けお礼状」の文例を見てみる

忌明け(49日)の報告とともに、葬儀で頂いたお香典の返礼品に添えるお礼状です。会葬礼状(葬儀のお礼の返礼品)とは別に忌明けに改めてお礼します。

「死亡通知状」の文例を見てみる

死去をお知らせする通知状ですが、報告が遅れて忌明けのタイミングで出すという例文もあります。

「一周忌・年忌法要案内状」の文例を見てみる

一周忌法要・三回忌法要を行う際の案内状例文です。

「会葬礼状」の文例を見てみる

お葬式へお越し頂いた、香典、弔電やお花を頂いた等のお礼をするお礼状です。忌明け(四十九日)とは別に葬儀後にお礼する場合に使います。

「喪中はがき」の文例を見てみる

その年に身内の不幸にて、明年のご挨拶をご遠慮させていただく旨の通知をするはがきです。

プリントメイトの挨拶状印刷はここが便利

挨拶状印刷でお困りの方はお電話でも、メールでもお気軽にお問い合わせください。

挨拶状印刷はプリントメイトにお任せ!

挨拶文の添削から即日印刷、宛名印刷、ポスト投函郵送手続まで安くて早い挨拶状印刷は1枚から注文できます。

挨拶文はご注文時に添削可能です

各文例はこのページで書き換える事も、注文ページで書き換える事もできます。また、挨拶文はご希望であれば添削させて頂きます。初めての方や文章が上手く繋げない、書き忘れが無いか不安などの場合はご注文時に「添削依頼をご希望」ください。

安くて早い挨拶状印刷!即日印刷OK

本当にお急ぎならば、即日印刷、即日仕上げも可能です。本来ならばお客様の挨拶文をレイアウトしたデータを校正確認してから、多少の手直し等を経て印刷する流れが好ましいですが、そういった余裕の無い場合は3時間仕上げもできます。※通常でも挨拶状印刷だけなら約6時間、宛名印刷追加でも翌日〜翌々日、封入・郵送まで全部お任せでも約3日で完了します。
土曜・祝日も通常営業(日曜定休)、店頭受取りもできるので当日に受け取ることができます。朝9時〜夜7時迄営業中。
当日印刷、当日仕上げ、当日発送、当日出荷、ぜひお任せください。

最少1枚から1枚単位の注文可。無駄ゼロで経済的

必要な枚数をぴったりの枚数で挨拶状印刷できます。無駄に印刷代がかからない他、郵送まで承った場合は余った予備を配送等で受け取らなくて済む分、手間やコストが省けます。
内容によっては1枚だけ、数枚だけ必要なケースでも、1枚から注文できますので最低注文ロット等で躊躇する必要がありません。
追加注文も1枚から承ります!追加で送りたい、お祝いのお礼状を都度送りたい時なども必要に応じて追加注文頂けます。

挨拶状印刷のお問合せ

この日迄に印刷が間に合いますか?急ぎで早く印刷して欲しい。総額はいくらですか?どのように注文したら良いですか?等のお問い合わせもお気軽にどうぞ。 挨拶文の作成やレイアウトのご相談、ご注文のお手伝いもさせて頂きますので、何なりとお申し付けください。

お問い合わせは電話でもお気軽にどうぞお問い合わせは電話でもお気軽にどうぞ

直接メール下記アドレスまでメールして頂いてもOKです(営業時間内のご返答になります)

info@printmate.co.jp

挨拶状印刷のご利用に関するご案内

会社概要及び店舗案内
店舗外観店頭打合せ、相談大歓迎
有限会社プリントメイト(PrintMate)
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-37-1 池袋山口ビル1F
≫取り扱い商品・店舗案内(道案内付き)
連絡先
電話 03-5911-4811 FAX 03-5911-4815
メール info@printmate.co.jp
information
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
即日印刷・当日発送・スピード印刷のプリントメイト
現在の出荷・店頭受取
最短当日〜翌日
店頭・出荷
納期について
困ったとき・お問合せは
お客様サポート
注文のお手伝い
店頭注文・ファックス注文
ウェブ見積もり
宛名も投函もまることお任せ
印刷印印刷だけでもOK
↓
宛名印刷について
↓
封緘・封入について
↓
投函・郵送代行について
宛名エクセルダウンロード
お問い合わせ

9:00〜19:00 日曜定休
電話 03-5911-4811
(FAX 03-5911-4815)

メールでのお問い合わせ
メール info@printmate.co.jp

来店相談・注文も大歓迎
東京都豊島区池袋2-37-1
≫アクセスマップ

TOP文例注文手順はがきマナー

ボタン表示

ボタン非表示